滅菌

しむら歯科では患者様に安心して治療を受けていただくために、徹底した衛生管理を行っています。

『すべての人の血液、体液は感染の危険がある』といるスタンダードプリコーションの基本的概念に基づき以下のことを実施しております。

・エプロン、コップ、グローブは患者様毎に使い捨て
・歯を削るタービン、バーなどの切削器具はすべて滅菌したものを使用
・患者様の口腔内に入った器具はすべて滅菌

タービン・コントラの滅菌

一般歯科

タービン

一般歯科

コントラ
歯を削る時に使用するもので、使用頻度が高く唾液や血液による汚染が多いものです。滅菌に時間がかかるために、本数を多く所持していないと患者様一人一人に滅菌したものを使用できません。患者様毎に必ず滅菌したものを使用しています。
また、しむら歯科では歯科トップブランドである「ドイツ(Kavo社)」のものを使用しており、非常にブレが少なく高精度に歯を削ることができます。

超音波スケーラー(P-MAX)の滅菌 

一般歯科

超音波で歯石を除去するときに使用します。
これも患者様毎に必ず滅菌したものを使用しています。


器具の滅菌をするために以下のような滅菌器をそろえています。

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)

一般歯科

すべての微生物を完全滅菌できます。
ピンセットやミラーなどの基本セット、抜歯やインプラントの時に使用する外科器具などを滅菌します。


iClave mini (ハンドピース専用滅菌器)

一般歯科

タービン・コントラなどのハンドピース専用の滅菌器です。世界で信頼されるハンドピースメーカーが開発した、安心してハンドピースを使用できるよう、さまざまな技術が投入されています。より安全な歯科治療のための機能をコンパクトに凝縮しています。
ヨーロッパ滅菌基準Class S

ガス滅菌器

一般歯科

オートクレーブで滅菌することができないゴム製のものやプラスチック製のものを滅菌します。

滅菌バック

一般歯科

滅菌した器具を清潔に保つために密閉されたバックで保存します。

口腔外バキューム

一般歯科

歯や金属、義歯などを削るときに出る粉塵や水しぶきが診療室に飛散しないように吸引します。診療室内を衛生的な環境に保つために必要です。
しむら歯科では各診療チェア毎に設置しています。